女性店員が感染の焼き肉店、中学生30人以上が来店…3日間の臨時休校に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富山市教育委員会は5日、新型コロナウイルスに感染した20歳代の女性店員が勤務していた「焼肉きんぐ二口店」(富山市二口町)について、市立南部中学校の複数の生徒が来店していたことが分かり、同校を6~8日の3日間、臨時休校にすると発表した。

 県内1例目の京都産業大学の卒業生ら感染者3人が3月24日に同店で食事をしており、女性店員も同じ日に勤務。市教委によると、この日と翌25日に同校の生徒計三十数人が利用していたという。

 市は「客への感染の可能性は低い」(福祉保健部)とみているが、保護者に不安の声があるため、生徒が利用した最後の日の翌日(26日)から2週間が経過する日まで同校を臨時休校にすることを決めた。これに伴い、6日の予定だった始業式は9日に行う。入学式は予定通り8日に行うが、2、3年生は出席しない。

無断転載禁止
1150290 0 社会 2020/04/06 10:33:00 2020/04/06 10:33:00 2020/04/06 10:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ