小学校長「学校で勉強はできません」…厳戒態勢での入学式、10分で終了

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マスクを着用して入学式に臨む新入生たち(6日午前、東京都葛飾区の区立葛飾小で)=大原一郎撮影
マスクを着用して入学式に臨む新入生たち(6日午前、東京都葛飾区の区立葛飾小で)=大原一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、3月初旬から休校措置が続く東京都や横浜市の小学校で6日、入学式が行われた。児童らにはマスクの着用を求め、在校生や来賓の出席を取りやめるなど、「厳戒態勢」の中での式典となった。東京や横浜の小中学校では入学式や始業式は行うものの、5月の大型連休まで休校を延長する学校が多い。

北朝鮮のコロナ発熱、新たに26万人…累計148万人に

 54人が入学した葛飾区立葛飾小学校の体育館では、新入生のほか、1家庭2人までに制限された保護者が間隔を空けて着席。牧野昭太郎校長はマスク姿で緊張した面持ちの新1年生らに「学校で勉強はできません。我慢してもらう日が続くけれど、がんばってください」と語りかけた。式典は校歌斉唱などが省略され、約10分で終了した。

 横浜市では市立小中学校など計約480校で入学式が行われた。同市緑区の中山小学校では、席が間隔を大きく空けて並べられ、市歌の斉唱も取りやめられた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1150528 0 社会 2020/04/06 11:55:00 2020/04/06 12:58:21 2020/04/06 12:58:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200406-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)