繁華街の人出、最大7割減…「花金」1月に比べ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京や大阪など全国6都市10地点の繁華街で、平日夜間の外出が大幅に減ったことが、読売新聞とIT企業「アグープ」(東京都)の分析でわかった。「花金」と呼ばれる金曜日の3日午後8時台の人出は、国内で感染者が出た直後の今年1月17日と比べると最大7割減となった。

コロナ禍の終息願い5670個、天下分け目の「風鈴トンネル」

 調査は札幌・すすきの、東京・銀座など都内4地点、名古屋・栄、大阪・北新地など府内2地点、福岡・中洲、那覇・国際通りの各エリアで行った。アグープがスマートフォンのアプリから得た位置情報を基に各地点の半径500メートルの滞在人数を推計し、平日午後5~11時台で、1時間あたりの人口の変化を分析した。

 平日夜間の外出自粛要請が出された東京と大阪の6地点では、先週平日(3月30日~4月3日)の夜の人出が、前週(3月23日~27日)に比べ、最大で39~57%減。最も下落したのは渋谷センター街で、4月1日午後9~10時台の人出が、1週間前の3月25日の同時間帯比で57%減となった。北新地では4月2日午後10時台に、前週同時間帯比で42%減を記録した。

 他に中洲で最大36%減、すすきの同35%減、栄同33%減、国際通り同31%減など。一方で、すすきの、栄、国際通りでは前週の人出を上回った時間帯もあった。

 国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)は「夜の街は、密閉、密集、密接の三つの密が起きやすい。感染拡大を防ぐためには、東京や大阪以外の都市でも夜の外出は自粛したほうがよい」と指摘している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1151700 0 社会 2020/04/07 00:27:00 2020/04/07 00:27:00 2020/04/07 00:27:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)