読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内感染4000人超、都内で新たに確認の9割は経路特定できず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で6日、29都府県と空港検疫で新たに241人の感染が判明した。クルーズ船を除いて国内で確認された感染者は4000人を超えた。

 東京都は、都内で新たに83人の感染を確認したと発表した。このうち、感染経路が特定できていない人は9割近い73人。30歳代以下の若年層も4割超の39人を占めた。患者らの間で集団感染が発生している慈恵医大病院(港区)の関係者も含まれている。

 都内では4~5日、2日連続で1日当たりの感染者数が100人を超え、5日は過去最多となる143人に上っていた。これに比べて、6日は、前日が日曜日で検査数が比較的少なかったという。

 沖縄県では、那覇市や浦添市などに住む男女6人の感染が判明。うち1人は県の新入職員で、1日の辞令交付式に出席し、2日も勤務していた。

 このほか、北海道、埼玉、愛知、兵庫各県で計4人の死亡が発表された。

 一方、熊本市は、感染者として4日に発表した済生会熊本病院の入院患者の女性は陰性だったと発表した。市の検査機関が別人の検体と取り違えていた。

無断転載・複製を禁じます
1151325 0 社会 2020/04/06 21:11:00 2020/04/07 09:22:49 2020/04/07 09:22:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200407-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)