毎年400万円かけた「カニの食べ方講習会」廃止へ…「わざわざ教えてもらう必要ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福井県は、毎年ズワイガニ漁の解禁時期に合わせて県内の全中学校で実施してきた「食べ方講習会」を今年度から廃止する。「福井の子ならカニの食べ方は知っている」などの声が上がったためという。

 県水産課によると、講習会は2010年度から、毎年約400万円かけて実施。県漁協女性部連合協議会のメンバーらが講師となり、雌の「セイコガニ」の脚の身を抜き取るコツや卵の取り出し方を中学3年生に教えてきた。

 ただ、「わざわざ教えてもらう必要はない」などの意見が多くなってきたため、実施から10年を機に、事業を見直すことにしたという。

 今後は、県内産の農林水産物をPRするイベント内で講習会を開く予定で、県水産課の担当者は「福井の食文化を次世代に継承する取り組みは続けていきたい」と話している。

無断転載禁止
1152004 0 国内 2020/04/07 08:23:00 2020/04/07 09:00:51 2020/04/07 09:00:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ