コロナ対応の医療従事者に…大阪市、独自の「特別手当」支給へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市の松井一郎市長は8日、新型コロナウイルス感染者への対応にあたる市立病院の医療従事者に対し、市独自の「特別手当」を支給する意向を示した。

 対象は、市立の「総合医療センター」(都島区)や「十三市民病院」(淀川区)の医療従事者となる見通し。4月分の給与から反映する予定で、特別手当の支給額は1日当たり数千円とする方向で検討する。

 松井市長は市役所で開いた記者会見で「一番の厳しい現場で対応してもらっている」と説明。民間病院については「(対象に含めるかは)権限を持つ大阪府が担う話になる」と述べた。

 大阪市は8日、新型コロナウイルスの影響で職を失った人や内定を取り消された人らについて、来年3月末までの期限付きで採用すると発表した。26人を予定しており、5月1日付で採用する。大阪府の吉村洋文知事も8日の会見で、50人程度を同様に雇用する考えを示した。

無断転載禁止
1155215 0 社会 2020/04/08 19:11:00 2020/04/08 19:11:00 2020/04/08 19:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ