「バカなの?」「超迷惑」…感染者・医療機関へ差別的書き込み絶えず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「バカなの?」「超迷惑」――。新型コロナウイルスの感染者や診療した医療機関などに、根拠のない差別的な書き込みや中傷がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で後を絶たない。秋田県医師会は「正しい情報に基づいて人権に配慮した適切な行動をとってほしい」と呼びかけている。

 秋田県医師会によると、秋田県内でも感染者やその家族らに対して、SNSなどで、誹謗ひぼう中傷が発生している。同会が3月25日付で設置した医療機関向けの相談窓口には、医療機関で働く職員の家族が不当に差別された事例も寄せられているという。

 秋田県医師会の伊藤伸一副会長は「差別や偏見による『新型コロナウイルスハラスメント』が広がることは感染拡大防止の妨げにもなる」として冷静な行動を求めた。

無断転載・複製を禁じます
1156183 0 社会 2020/04/09 09:51:00 2020/04/09 09:51:00 2020/04/09 09:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ