読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

朝日新聞の論説委員が感染、女性記者との接触なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 朝日新聞社は9日、東京本社(東京都中央区)に勤務する50歳代の論説委員の男性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。同社で感染が判明したのは編集局の30歳代の女性記者に続き2人目。

 同社広報部によると、論説委員は休日だった3月28日に自宅で発熱。4月6日にPCR検査を受け、9日に陽性と判明した。最後に社外で取材活動をしたのは3月19日で、現在、同じ職場で発熱などの症状がある人はいないという。女性記者との接触はなかった。

 広報部は「感染拡大防止のために職場の消毒などを済ませている。今後も保健所などの指導に基づき必要な措置を取る」としている。

無断転載・複製を禁じます
1157252 0 社会 2020/04/09 21:07:00 2020/04/09 21:07:00 2020/04/09 21:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)