「金曜日に感謝の拍手を」市庁舎ベランダから250人が一斉に…医療従事者へ向け

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策の最前線で働く医療・介護従事者らに感謝の気持ちを伝えようと、福岡市職員が10日、市庁舎のベランダに一斉に出て、外へ向かって拍手を送った=写真、久保敏郎撮影=。

 英国などで広がっている取り組みで高島宗一郎市長が提案。職員ら約250人は正午を告げるチャイムが鳴ると、ベランダに出て数分間、拍手を送り続けた。「医療・介護の関係者に感謝の拍手を」と書かれた横断幕も掲げられた。

 市は「フライデー・オベーション(金曜日に感謝の拍手を)」と銘打って、今後も金曜日の昼に庁舎内で職員が続ける予定で、近くを行き交う市民にも参加を呼びかける。

無断転載・複製を禁じます
1158781 0 社会 2020/04/10 18:31:00 2020/04/10 18:31:00 2020/04/10 18:31:00 新型コロナウィルスと戦う医療関係者にらに感謝の拍手を送る福岡市役所の職員たち(10日午後0時3分、福岡市中央区で)=久保敏郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200410-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ