永寿総合病院、集団感染を謝罪…入院患者計20人死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が発生している永寿総合病院(東京都台東区)の湯浅祐二院長は9日、同病院のホームページで「患者様、ご家族様に心よりおび申し上げます」と謝罪した。

 同病院では同日までに、入院患者94人、職員69人が感染し、入院患者計20人が死亡。3月25日から外来診療を休止している。

 湯浅院長は集団感染の経緯について、「3月20日頃に一つの病棟で患者や看護師の発熱が多発した。PCR検査を実施したところ、感染が確認された」と説明。一方、現在の対応については、陽性と陰性で患者の病棟を分け、ウイルスの治療薬として期待される新型インフルエンザ治療薬「アビガン」などを患者に投与しているとした。

無断転載禁止
1160044 0 社会 2020/04/11 09:23:00 2020/04/11 10:22:36 2020/04/11 10:22:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ