「疲」「ストレス」「鬱」つぶやき急増…コロナ疲れ鮮明に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ツイッター上で「疲」や「ストレス」などを含む投稿が増加していることが、東京大の鳥海不二夫准教授(計算社会科学)の調査でわかった。長引く外出自粛や学校の休校などへの対応で、人々の疲労感が増していることが背景にあるとみられる。

 新型コロナの感染が中国で拡大しつつあった1月中旬以降の約2900万件の「つぶやき」を解析した。新型コロナ関連の投稿のうち「疲」が含まれていたのは、3月20日には1日約3600件だったが、小池百合子東京都知事が緊急記者会見で「感染爆発の重大局面」と発表した25日以降急増し、安倍首相が緊急事態宣言を発令した4月7日には3倍以上の約1万2000件に達した。

 「ストレス」や「うつ」も同様の傾向を示した。鳥海准教授は「自分や社会が受けるストレスを心配する話題が投稿された一方、コロナ疲れをどう乗り越えるかも話題となっている」と指摘している。新潟青陵大の碓井真史教授(社会心理学)は「友人との集まりやスポーツなど今までのストレス発散ができなくなっている。ネットを利用するなど、人とのつながりを保つことが大事になる」と話している。

無断転載禁止
1160208 0 国内 2020/04/11 12:58:00 2020/04/11 20:07:58 2020/04/11 20:07:58 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200411-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ