キャンプ場「コロナ疎開」お断り、「住民らの健康に代えられない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

利用客が少なく、閑散とした北山キャンプ場
利用客が少なく、閑散とした北山キャンプ場

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県内や長崎県など緊急事態宣言の対象地域ではない地域のキャンプ場で、利用者制限や自主休業が相次いでいる。対象地域の福岡などからの“コロナ疎開客”の増加が見込まれるためだ。関係者は「周辺住民や従業員らの健康には代えられない」と理解を求めている。

 「予約がいっぱい入っていたのだが、仕方ない」。11日昼、佐賀市富士町の県営北山キャンプ場。例年、この時期は大勢の家族連れらでにぎわうが、閑散としていた。キャンプ場の男性管理人(67)は残念そうな様子。一方、同市内から会社の同僚と訪れた利用客の男性(24)は「人が少なくて驚いた。県外客の利用を断っていると聞き、感染のリスクは低くなるのかなと少し安心した」と語った。

 佐賀県は北山、波戸岬(唐津市鎮西町)の両キャンプ場について、5月6日まで県外客の受け入れを中止している。県によると、両方とも8、9割が福岡からの利用者。ゴールデンウィーク(GW)を中心に週末はほぼ予約で埋まっていたが、全ての県外客に断りの連絡をしたという。

 波戸岬キャンプ場では、緊急事態宣言が出るまでは、例年の1・5倍程度で利用客が増えていた。施設の管理責任者(37)は、感染拡大による緊張が続く中、リラックスするために訪れる人が多かったとみていた。「これから利用者数が減少するのが心配だ」と不安げに話す。

 長崎県西海市の四本堂しほんどう公園も、今月10日からキャンプ場の利用を休止。市によると、同公園を含む市内3か所のキャンプ場の3月の利用者は、前年の同じ月に比べて約30%増の約1500人。四本堂公園は3割が福岡などの県外客だった。「広い空間で人が密集していない」と人気で、今月の土日はほぼ予約で埋まっていた。GW期間も約50区画が埋まり、キャンセル待ちとなっていたという。

 しかし、感染者は各地で急増。福岡も緊急事態宣言の対象地域になり、西海市は5月6日までの休止を決定。市の担当者は「普段なら喜んで受け入れるのだが……」と苦渋の表情で語った。

無断転載・複製を禁じます
1162005 0 社会 2020/04/12 22:35:00 2020/04/13 10:24:59 2020/04/13 10:24:59 閑散とする北山キャンプ場。普段なら利用客でにぎわっているという=岡本昌子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200412-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ