「深く息を吸い10秒我慢できれば…感染可能性低い」愛知県警が誤情報を投稿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県警が10日、広報課の公式ツイッターで「深く息を吸って10秒我慢し、せきや息切れがなければ、新型コロナウイルス感染の可能性は低い」などと誤った内容を投稿し、その後、謝罪していたことがわかった。

 3時間半後には「不正確な情報をつぶやいてしまい、申し訳ありませんでした」などと謝罪文が掲載されたが、元の投稿は多数、転載されていた。世界保健機関(WHO)は公式サイトで10秒呼吸を止めてせきがでなくても「感染していないということを意味しない」と説明している。

 県警広報課は「県民の不安を少しでも和らげたいという思いが先走ってしまった。今後は真偽を確認し、慎重な情報提供を心がけたい」としている。

無断転載禁止
1161715 0 社会 2020/04/12 10:41:00 2020/04/12 15:02:26 2020/04/12 15:02:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ