読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

札幌の呼吸器科病院でクラスター形成か、市中感染拡大なら「新たな対策が必要」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道内で11日に新型コロナウイルスの感染が判明したのは男女16人で、うち7人は札幌呼吸器科病院(札幌市白石区)の看護師と患者だった。札幌市保健所は、院内でクラスター(感染集団)が形成されたとみて調べている。

 道内の感染者は255人(死者10人)で、4日連続で10人を超えた。これを受け、鈴木知事と秋元克広市長は12日に会談し、今後の対応策を協議する。

 札幌市での感染者は過去最多の12人で、うち1人は性別などは非公表とした。感染経路が不明なのは5人だった。残りの7人は同院の関係者で、内訳は40~50歳代の看護師3人、60~90歳代の入院患者4人。市保健所は現在、医師や看護師、入院患者らのPCR検査の結果次第では、感染者がさらに増える可能性があるとしている。

 市保健所の山口亮・感染症担当部長は11日の記者会見で「市中感染の拡大が続けば、新たな対策を取らなければならない」と述べた。

 一方、札幌市以外の新たな感染者は4人。オホーツク地方の60歳代の無職女性は、既に判明している感染者と同居の家族だった。遠軽町の遠軽地区広域組合消防署に勤める20歳代の男性署員と、石狩地方の70歳代の無職男性は感染経路が不明。組合は、男性署員と一緒に勤務していた他の消防士を自宅待機にした。

 千歳市の90歳代の無職女性は、集団感染が起きたとみられる市内のグループホームの入居者。グループホームでは、これまでに入居者ら9人の感染が確認されている。

無断転載・複製を禁じます
1161742 0 社会 2020/04/12 11:15:00 2020/04/12 11:15:00 2020/04/12 11:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200412-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)