読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京都内、新たに91人の感染を確認…都の担当者「持ち込み検体数が月曜は少ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では12~13日の2日間で新たに計791人の感染が確認された。クルーズ船の乗船者を含めた累計は8000人を超えた。12日に499人の感染が確認され、13日は292人の感染が判明した。両日で東京都や神奈川、千葉県などで計11人の死亡が確認された。

 東京都では13日、91人の感染が確認された。12日は166人で、2日間で257人増えた。都内の累計感染者は2000人を突破し、2158人となった。今月5日に1000人を超えてから1週間で倍増した。都内の感染者が100人を下回るのは今月7日以来となるが、都の担当者は「検体が持ち込まれる数が、週末の分を扱う月曜は少なくなりがちだ」とする。

 川崎市は13日、外国籍で国外に居住する30歳代の女性ら2人の死亡を発表した。この女性は3月15日に旅行で欧州から入国し、同22日に陽性が判明していた。

 愛知県は12日、感染が判明したと11日に発表した28人のうち、24人が実際には陰性だったと発表した。検査の際、陽性患者の検体が陰性の人の検体に飛散したとみられる。このうち1人は、死亡後に陽性とされた同県一宮市の80歳代の男性だった。

無断転載・複製を禁じます
1163467 0 社会 2020/04/13 16:48:00 2020/04/14 00:57:35 2020/04/14 00:57:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200414-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)