読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

40~50代都民の外出続く、通勤のためか…ヤフー分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都民の外出機会が減る中、40~50歳代は他の年齢層に比べて減少幅が少ないとする調査結果を、インターネット検索大手「ヤフー」が発表した。7日に緊急事態宣言が発令された後も、通勤のための外出が続いているとみられるという。

 ヤフーは、携帯電話のアプリ使用者から匿名の位置情報を取得し、東京都民と推定される人の1日あたりの平均移動距離を求めた。その上で、国内で感染が広がり始めた1月の平均を100%として、10~80歳代の年齢層別に移動距離の変化を分析した。

 平日については、10歳代と70~80歳代は3月下旬に80%台まで減ったが、20~60歳代は90%台で推移。緊急事態宣言後の4月9、10両日には、10歳代と80歳代が50%前後まで減る中、働き盛りの40歳代、50歳代はいずれも73%で、減少幅は3割と少なかった。

 一方、休日をみると、「自粛疲れ」が指摘されるようになった3月20~22日の3連休は、10~20歳代と40~50歳代で1月平均を上回った。その後は減少傾向が続き、緊急事態宣言後初の土日(4月11~12日)には多くの年齢層で50%を割ったが、40歳代は53%、50歳代は54%にとどまった。

 40~50歳代の外出機会が他の年齢層より多いことについて、ヤフーは「今なお出社するために外出している状況が推測される」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1164895 0 社会 2020/04/14 11:11:00 2020/04/14 12:50:57 2020/04/14 12:50:57 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200414-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)