3月外国人の新規入国者数、9割減の15・2万人…中国からは3700人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 出入国在留管理庁が14日に発表した出入国管理統計(速報値)によると、3月の外国人の新規入国者数は15万2000人で、前年同月の250万4000人から9割以上の減少となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限措置が影響した。

 国・地域別では、中国が3700人、韓国は1万1000人と、それぞれ50万人を超えていた前年同月から大幅に減少した。欧州は3万6000人で、前年同月から約8割減となった。

 政府は水際対策として、2月に中国や韓国の一部地域を対象に入国拒否を開始した。3月に入ると、中韓両国に対して発給済みの査証(ビザ)の効力を停止するなど入国制限を強化したほか、欧州などを入国拒否の対象に追加した。その結果、2月の新規入国者数は前年同月(237万人)から約6割減の99万人となり、3月には対策強化を反映して減少率がさらに拡大した。

 政府は今月3日以降、入国拒否の対象を中韓両国や米国など73の国・地域に広げている。同庁は4月の入国者数の見通しについて「さらなる落ち込みは避けられない」としている。

無断転載・複製を禁じます
1165864 0 社会 2020/04/14 18:18:00 2020/04/14 18:38:34 2020/04/14 18:38:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ