読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

陰性なのに「陽性」と誤判定、自宅待機の家族は臨終に立ち会えず…神奈川

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県は15日、新型コロナウイルスのPCR検査で検体を取り違え、陽性の人を陰性、陰性の人を陽性と伝えるミスがあったと発表した。このうち陰性だったのに陽性とされた高齢女性は検査後に別の病気で死亡。家族らは自宅待機を要請され、臨終に立ち会えなかった。

 発表によると、女性は県内の高齢者施設に入所し、体調が悪化したため12日に医療機関に搬送された。県衛生研究所が14日に検査した際、職員が別の検体と結果を取り違え、保健所を通じて医療機関や家族に「陽性」と伝えた。医療機関が14日夜に取り違えの可能性を指摘し、15日午前にミスが判明した。女性は「陽性」との結果で隔離された後、15日昼頃に死亡した。

 県は、検体容器の番号の読み間違えが原因とみており、女性の家族らと、取り違えのもう一方の患者らに謝罪した。誤って陰性と伝えられた人は自宅待機をしており、感染拡大のおそれはないという。

無断転載・複製を禁じます
1168897 0 社会 2020/04/16 10:40:00 2020/04/16 11:51:36 2020/04/16 11:51:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)