関電社外取締役に橋下元市長を推薦…大阪市長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西電力の役員らによる金品受領問題を巡り、関電の筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は17日、社外取締役に橋下徹・元市長を推薦したことを明らかにした。関電側が応じない場合、株主代表訴訟を検討する。

 橋下氏は市長時代に、関電が東日本大震災後に電気料金を値上げしたことを批判し、株主総会で経営陣の総退陣を求めるなどしていた。松井氏は市役所で記者団に「橋下氏は関電の経営体質をよくご存じで、コンプライアンス(法令順守)にも詳しい。ぜひ社外取締役に迎えていただきたい」と述べた。橋下氏からは承諾を得ているという。

 関電は17日、「本日、大阪市から具体的な社外取締役の推薦に関する要請をいただいた。今後、当社として検討を進めてまいります」とのコメントを出した。今月末までに結論を出すとしている。

無断転載・複製を禁じます
1172498 0 社会 2020/04/17 17:52:00 2020/04/17 22:52:08 2020/04/17 22:52:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ