読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高速道PAで来県者に検温、山形県が試行…25日から空港・駅で本格実施

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ドライバーに検温計を向ける山形県の職員(18日午前10時5分、山形道の山形蔵王PAで)=鈴木恵介撮影
ドライバーに検温計を向ける山形県の職員(18日午前10時5分、山形道の山形蔵王PAで)=鈴木恵介撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、山形県は18日、県境を越えて来る人を対象に、山形道下り線の「山形蔵王パーキングエリア(PA)」(山形市釈迦堂)で検温を始めた。

 県職員がPAの専用ブースに宮城県側から来た車を誘導。検温は任意で行われ、ドライバーらの額に非接触型の検温計を近づけ、発熱の有無を調べた。当面は試行期間で、25日からは県内の空港や駅、道の駅などで検温を本格実施する。

無断転載・複製を禁じます
1173580 0 社会 2020/04/18 12:46:00 2020/04/18 12:46:00 2020/04/18 12:46:00 パーキングエリアに立ち寄った車の運転手に検温をする県職員(4月18日午前10時5分、山形市の山形蔵王PAで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200418-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)