読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[あれから]<3>キラキラに決別、宛名は「王子様 様」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

赤池 肇さん(19)

 「名前変更の許可が下りましたァー!!!!!!!!」

 昨年3月7日。高校3年生だった赤池さん(現在は19歳)がツイッターに投稿すると、たちまち転載(リツイート)は10万を超えた。反響の大きさに驚いた。

赤池さんの中学校の卒業アルバム
赤池さんの中学校の卒業アルバム

 高校卒業を前にひとりで家庭裁判所を訪れ、親から付けてもらった名前を変えた。変える前の名前は「王子様」。〈様〉までが本名だから、年賀状の宛名は「赤池王子様 様」で届いた。

 この名前では、生きづらかった。だから自分の意志で変えた。新しい名は「はじめ」。はじめの一歩を、踏み出そうと思った。(生活部 林理恵)

もう王子様じゃない!

 甲府盆地の真ん中にある山梨県昭和町に生まれた。人口は2万人ほど。物心ついた頃には、赤池さんはすでに皆から「王子」と呼ばれていた。友達も先生も、親しみを込めて「王子、王子」と呼んでくれた。

 いじめられることは全くなかった。ただ小学校低学年の頃には何となく、「自分の名前、変かも」と思うようになっていた。

 病院の待合室でフルネームを呼ばれると、他の患者らの視線が一斉に自分に集まる。「赤池王子様、さま……」。呼び出し係の人も、何だか言いにくそうだ。

 地元のショッピングモールでは、全く知らない人に「あれ、王子様だよ」と指をさされた。カラオケ店で会員登録をしようと本名の「赤池王子様」と書くと、偽名だと疑われたのだろう。あからさまに不審の目を向けられた。

 なぜ「王子様」なのか。この名前を付けたのは、母親だ。学校の授業で自身の名前の由来を調べるという課題があって、かつて尋ねたことがある。

 母はその時、「私の大事な息子という意味だよ。私にとっての王子様だから」と教えてくれた。

「大事な息子 私の王子様 という意味よ」

 〈子どもには、生まれた時から名前を持つ権利がある〉。1989年に国連で採択された子どもの権利条約は、そう説く。名前を付けることで他の人間と区別し、その人の人生が始まる。

 名前は、生まれた時に誰かに付けてもらうもので、普通は自分では選べない。だから赤池さんも、途中まではあまり疑いなく、「王子様」という名前を受け入れてきた。

 だが高校に入って、「名前とは」という問題に真剣に向き合うことになる。

 新学期のクラスの自己紹介。自分の番で名乗ると、ひとりの女子生徒が噴き出した。しかも、その笑いが止まらない。中学までは、周りで笑い転げる人はいなかったのに――。

 ただこの時、女子生徒に感じたのは怒りでも悲しみでもなく、共感だった。「だって、変な名前って笑われて当然でしょう。王子様だもん」

 そもそも王子というのは「役職」だ。なのに「様」が付いていること自体、おかしいと自分でも思った。

 「よし、改名しよう」。そう思い立った。中学時代、人気漫画「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を読んで、本名は変えられると知っていた。170巻の「改名くん」の巻。不運な男たちが名前を変えた後、宝くじが当たったり、女性にもてるようになったりして運気が上昇する、というドタバタ劇だ。

 ストーリーそのものよりも、改名できるという社会のルールが心に刻まれた。

 それに、これだけ名前がいちいち注目される状況には、もう耐えられなかった。変わった名前だからではない。

 「単に親が付けた名前が珍しいというだけで目立つなんて、プライドが許さない。名を売るなら、自分の実力で勝負したい」。そのために、自分で自分の名付けをしようと心に決めた。

残り:2481文字/全文:4046文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1174349 0 社会 2020/04/19 05:00:00 2021/03/24 11:45:59 2021/03/24 11:45:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200418-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)