変死体のコロナ感染11件…5都県、1か月間で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の警察が19日までの1か月間に変死事案などで取り扱った遺体のうち、新型コロナウイルスに感染していたケースが5都県で11件あったことが警察庁への取材でわかった。多くは自宅で倒れている状態で見つかり、その後のPCR検査で陽性と判定された。

 警察庁によると、11件の内訳は東京都6件、兵庫県2件、埼玉、神奈川、三重の3県で各1件。感染が死因とみられるケースと、別の疾患などが死因の両方のケースがあった。保健所などに届けており、各地の感染者数や死者数に含まれているとみられる。このうち都内では9日未明、足立区のJR北千住駅近くの路上で60歳代の男性が倒れていると通報があり、男性は搬送先の病院で死亡。PCR検査で陽性と判明し、感染による肺炎で死亡した疑いがあるとされた。

無断転載禁止
1177819 0 社会 2020/04/21 05:00:00 2020/04/21 11:27:47 2020/04/21 11:27:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ