読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

チューリップ80万本、無念の刈り取り…訪問者続出で苦渋の決断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルス感染拡大防止対策で、人が集まらないように花が刈り取られたチューリップ(22日午前、千葉県佐倉市で)=早坂洋祐撮影
新型コロナウイルス感染拡大防止対策で、人が集まらないように花が刈り取られたチューリップ(22日午前、千葉県佐倉市で)=早坂洋祐撮影

 千葉県佐倉市の「佐倉ふるさと広場」で、色とりどりに咲いていた約100種類80万本のチューリップの花が刈り取られた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ対策だが、見頃を迎えるこの時期に、さみしい光景が広がっている。

 今月7日の緊急事態宣言を受け、佐倉市は恒例の「佐倉チューリップフェスタ」を1週間で中止とし、駐車場も閉鎖した。だが、広場の出入りが自由で、同宣言の発令後、初の週末などには訪れる人が続出。密集、密接を防ぐ必要があるとして、市は苦渋の決断をし、14、15日に全ての花を刈り取った。

 花の一部は、佐倉市内の保育園に寄贈した。同市観光協会は「無念だが、今は一日も早く感染拡大を収束させなければならない。みんなで一緒に花を楽しめる日が早く来てほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1180277 0 社会 2020/04/22 11:31:00 2020/04/22 11:31:00 2020/04/22 11:31:00 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント中止決定後に花が刈り取られた佐倉ふるさと広場のチューリップ(22日午前8時52分、千葉県佐倉市で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200422-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)