楽天のPCR検査キット、日本医師会「リスク高い」と懸念

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本医師会は22日、楽天(東京)が今月、法人向けに販売を始めた新型コロナウイルスのPCR検査用の検体を採取するキットについて、慎重な姿勢を示した。医師らが行うものではないため、検体の採取がうまくいかず、適切な検査結果が得られないなど「リスクが高い」と指摘した。

 キットは、楽天が出資する遺伝子検査会社の「ジェネシスヘルスケア」(同)が開発した。発熱などの症状がない人が対象となる。利用者は自宅で鼻やのどの粘液を綿棒で採取し、容器に密閉する。同社が回収した後、3日以内に結果がわかるという。

 ただ、医療機関による検査ではないため、結果は感染の可能性を示すにとどまり、陽性・陰性の判断は医師の診断が必要となる。楽天の広報担当者は「無症状の感染者が感染を広げている可能性もある。社員を自宅待機にするかなどの判断材料に使える」と話す。

 釜萢かまやち敏・日本医師会常任理事は、医師や看護師でないと、適切に採取できないため、「実際には陽性でも陰性となる場合もある。判断が難しい」と指摘する。企業が結果を扱う場合に、個人情報をどう保護するかなどほかの課題もある。

無断転載・複製を禁じます
1181211 0 社会 2020/04/22 21:07:00 2020/04/22 22:19:09 2020/04/22 22:19:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ