軽症で自宅療養の50代男性、入院手続き直前に急変し死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は22日、新型コロナウイルスの感染が確認されたものの、軽症のため自宅療養中だった50歳代男性が、21日に死亡したと発表した。

 県によると、男性は16日に検査で感染が判明。入院先が見つからず、自宅で療養していた。保健所が毎日電話で健康観察をしていたところ、20日夜に体調が悪化。21日に入院手続きをする予定だったが、容体が急変し、同日朝に救急搬送されたという。

 県内では22日夕時点で、無症状や軽症の感染者349人が自宅療養している。県は当初、「感染者は原則入院」とする方針だったが、患者の急増に病床の確保が追いつかず、軽症の患者らについては20日から、自宅や、県が借り上げたホテルでの療養を認める方針に転換していた。

無断転載禁止
1181289 0 社会 2020/04/22 21:34:00 2020/04/23 19:26:46 2020/04/23 19:26:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ