感染の警察職員、10都府県警など計73人…剣道稽古でクラスターの愛知が最多24人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに感染した警察職員が22日現在、10都府県警などで計73人に上ったことが警察庁のまとめでわかった。同庁は全国の警察本部に感染予防の徹底を指示しており、武田国家公安委員長は23日の定例記者会見で、「治安維持に支障が生じないように指導していきたい」と述べた。

 警察庁によると、73人の内訳は、愛知県警が24人で最も多く、次いで警視庁が21人、兵庫県警が14人、神奈川県警が4人、高知県警が3人、埼玉、茨城、千葉、富山、大阪の5府県警と皇宮警察本部、関東管区警察局が各1人だった。

 愛知県警では剣道の稽古でクラスター(感染集団)を生んだ。現在は各警察で柔剣道などの訓練を中断している。警察では職員の感染が確認された場合、接触した可能性がある同僚らを自宅待機させ、警察署には警察本部から応援の人員を派遣している。

無断転載・複製を禁じます
1182377 0 社会 2020/04/23 11:41:00 2020/04/23 11:41:00 2020/04/23 11:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ