一時再開の小学校で児童4人と担任が感染…男児1人は感染した父親の濃厚接触者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富山市は、市立神明小学校で4年生の同じクラスの児童4人と担任教諭の計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。教諭は発熱はあるが症状は軽く、児童4人は無症状だという。同市では今月初めに一時学校を再開しており、その際に感染した可能性が高い。

 児童4人のうち男児1人は、15日に感染が判明した。11日には30歳代の父親の感染が確認されており、男児は濃厚接触者だった。

 同小は6日から新学期が始まり、男児は10日まで登校。市内の中学校で生徒の感染が確認されたため、13日からすべての小中学校で臨時休校となったが、市が男児の同級生と担任教諭にPCR検査を実施したところ、教諭と男児1人、女児2人の感染が判明した。

無断転載・複製を禁じます
1183173 0 社会 2020/04/23 20:01:00 2020/04/23 21:26:37 2020/04/23 21:26:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ