マスク・消毒液の価格指示は独禁法違反に当たらず、公取が見解

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公正取引委員会は23日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応した独占禁止法の運用方針をホームページ上で示した。品薄のマスクや消毒液の高値販売を防ぐために、メーカーなどが一定価格以下での販売を指示することは、「消費者の利益となり、正当な理由がある」とし、独禁法違反には当たらないとしている。

 公取委がQ&Aとして紹介した考え方によると、感染拡大が進むなかで、マスクなどの価格が暴騰している状況では、価格を制限することを認めるとしている。あくまで消費者の利益になることが重要で、商品の価格上昇を招くような販売価格の指示は正当な理由にならないとしている。

 独禁法は、メーカーが正当な理由なく小売業者の販売価格を指定することは、公正な競争を阻害するため、「再販売価格の拘束」として禁止している。

無断転載禁止
1183539 0 国内 2020/04/23 22:40:00 2020/04/23 22:40:00 2020/04/23 22:40:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ