郵便局員の感染で業務休止、配達待ち計23万通

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵政は23日、局員の新型コロナウイルス感染が判明し、休業が続いていた登戸郵便局(川崎市多摩区)が24日に業務再開すると発表した。同郵便局管内では約1万3000世帯への配達が止まり、郵便物約22万通とゆうパック約1万通の配達が滞っていた。

 同郵便局では、14日に集配担当の10歳代の男性局員の感染が確認され、窓口業務や郵便物の配達業務を休止。業務を再開した17日には、別の30歳代の集配担当の男性局員の感染が判明し、再び休業していた。

 また、16日に40歳代の男性配達員の感染が確認され、同日から業務を休止していた横須賀市の田浦郵便局は、23日午前に業務を再開した。

無断転載・複製を禁じます
1184203 0 社会 2020/04/24 10:50:00 2020/04/24 10:50:00 2020/04/24 10:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ