長崎停泊中のクルーズ船、新たに乗員43人感染…さらに感染拡大も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎県は24日、長崎市香焼こうやぎ町の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊中の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」(乗員623人)で、新たに検体を採取した乗員208人のうち、43人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。乗員の感染は計91人になった。ほかに288人の乗員が検査を待っている状態で、さらなる感染拡大が懸念されている。

 県などは船内でクラスター(感染集団)が発生したと判断し、感染拡大防止のため乗員全員の検査を実施する。残りの288人については、災害派遣要請を受けた陸上自衛隊の医官らの協力も得て、同日中に検体採取を終えたい考えだ。

 発表によると、検査結果では陽性が43人、再検査が1人、164人は陰性だった。重症者は確認されていない。これまでの検査は、船の機能維持に携わる「エッセンシャルクルー」を優先して実施。調理担当の7人と、各客室への食事の配膳係7人の感染が判明している。新たに感染が確認された43人のうち、13人はエンジン部門やデッキ内の安全管理を担当するエッセンシャルクルーだった。

 同船を運航するコスタクルーズの日本支社によると、乗員は、日本人1人以外は外国人で、国籍はイタリアやフィリピン、インド、中国など30か国を超える。これまでに外国籍の40歳代の男性乗員1人が重症化し、長崎市内の医療機関で人工呼吸器を付けて治療を受けている。

無断転載・複製を禁じます
1184061 0 社会 2020/04/24 10:09:00 2020/04/24 14:26:52 2020/04/24 14:26:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ