都の軽症者受け入れ公募に228ホテル…都立学校休校は8日まで延長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は24日の定例記者会見で、軽症者らの療養先としてホテルを公募したところ、228施設(計約2万2200室)が応じたことを明らかにした。今月中に規模が大きいホテルから調整を進めた上で、借り上げの手続きを進めていく考えだ。

 都はすでに3ホテルを借り上げ、約1500室で750人程度を受け入れる体制を整えている。従来は軽症者らについて、自宅療養とホテル療養を併用していたが、家庭内感染のリスクなどを踏まえ、ホテルに一本化する方針を決定。さらに部屋数を確保するため、公募していた。

 小池知事はまた、大型連休最終日の5月6日までとしていた都立学校の休校期間を8日まで延長する方針を明らかにした。9、10日は土日のため、学校の再開は週明けの11日となる見通し。都教育委員会は、小中学校などを管轄する区市町村教委にも同様の対応を求める。

無断転載・複製を禁じます
1185190 0 社会 2020/04/24 20:57:00 2020/04/25 07:26:14 2020/04/25 07:26:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ