親が感染した子供、大阪は児童相談所が一時保護…宿泊施設に滞在へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 保護者が新型コロナウイルスに感染したため、養育する人がいなくなった子供について、大阪府の吉村洋文知事は24日、児童福祉法に基づき、児童相談所が一時保護し、ホテルなどの宿泊施設で預かる方針を明らかにした。

 一時保護は、虐待を受けたり家出をしたりした児童が対象になることが多い。しかし、児童福祉法は、児相所長は「必要があると認めるとき」には一時保護できるとしており、府によると、親が重い病気で入院し、祖父母や親戚などが周囲にいない場合などでも可能だという。

 このため、府は今回の新型コロナのケースでも、一時保護の制度を活用する。未就学児や小学生の保護者が感染したが本人は感染しておらず、親族らによる養育も難しいケースを想定している。

 感染者の子供は濃厚接触者である可能性が高いため、滞在先は児相の一時保護所ではなく、府が専用の宿泊施設などを用意する。府や大阪市、堺市の児相職員が対応する予定だ。

 吉村知事は府庁で記者団に、「身寄りがいない子供の最後の受け皿作りが必要だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1186110 0 社会 2020/04/25 11:05:00 2020/04/25 11:05:00 2020/04/25 11:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ