読売新聞オンライン

メニュー

「中傷の電話相次いだ」大阪府公表のパチンコ店、新たに1店舗休業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は26日、新型コロナウイルス対策の休業要請に応じず、店名を公表していたパチンコ店6店舗のうち、新たに1店舗が休業したと発表した。すでに2店舗が休業しており、引き続き営業しているのは堺市の3店舗になった。

 府によると、新たに休業したのは枚方市の「ベガス1700枚方店」。26日午前11時頃、府職員が店舗を訪れて、休業していることを確認した。店舗側は府に対し、「営業を続けていることに対し、誹謗ひぼう中傷する電話が相次いだ」と説明したという。

 一方、営業を続ける堺市のパチンコ店3店では、26日午後も、多くの客が訪れていた。

無断転載・複製を禁じます
1187701 0 社会 2020/04/26 19:17:00 2020/04/27 07:03:14 2020/04/27 07:03:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)