国内の新たな感染者210人、死亡は千葉県などで12人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内では26日、210人の新型コロナウイルス感染者が確認され、2月に横浜港に帰港したクルーズ船の乗船者を除く累計感染者は1万3439人となった。死亡が確認されたのは千葉県4人、大阪府と群馬県で各2人など計12人で、累計では372人になった。

 東京都は、新たに72人の感染が確認されたと発表した。都内で1日当たりの感染者が100人を下回るのは今月13日(91人)以来13日ぶりで、70人台は政府による緊急事態宣言が発令された7日以来となる。都内の累計感染者は3908人となった。

 都によると、夜間に営業する飲食店などでの感染が減っていることなどが要因とみられ、担当者は「外出自粛要請の効果が表れた可能性が高い」としている。小池百合子知事はインターネットの動画配信で「気を抜くわけにはいかない。5月6日まで外出を控えて」と改めて呼びかけた。

 東京都江東区は区内の特別養護老人ホーム「北砂ホーム」で新たに入所者4人の感染が判明したと発表した。同ホームの感染者は計13人となった。

 千葉県では、千葉市美浜区の「森整形外科クリニック」に勤務する20歳代女性など計8人の感染が判明した。このクリニック関係の感染者は5人目。

無断転載・複製を禁じます
1187798 0 社会 2020/04/26 20:46:00 2020/04/27 00:43:48 2020/04/27 00:43:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200427-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ