コロナ感染の妊婦が出産…赤ちゃんは陰性、数週間後にようやく母子対面

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北里大学病院(相模原市南区)は27日、新型コロナウイルスに感染していた女性が今月上旬に無事出産したと発表した。赤ちゃんは感染しておらず、女性が陰性となったのが確認された今月下旬、母子そろって元気に退院した。

 同病院によると、感染者の出産例の公表は国内初とみられる。女性は肺炎を発症し、医師の判断により妊娠38週で帝王切開で出産した。産後、赤ちゃんとは別の部屋で肺炎の治療を受けたため、母子が対面できたのは数週間後だった。

 同病院の海野信也・周産母子成育医療センター長は「赤ちゃんに会えないお母さんが気の毒だったが、無事に退院できて良かった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1190084 0 社会 2020/04/27 20:49:00 2020/04/27 22:53:46 2020/04/27 22:53:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ