ドライブスルーPCR検査場、町田市が地下駐車場に開設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ドライブスルー方式でのPCR検査を実演する市の関係者ら(サン町田旭体育館で)=町田市提供
ドライブスルー方式でのPCR検査を実演する市の関係者ら(サン町田旭体育館で)=町田市提供

 東京都町田市は27日、市医師会と協力し、新型コロナウイルスのPCR検査を行う「地域外来・検査センター」を開設した。新型コロナウイルスの「帰国者・接触者外来」を設けている病院に検査が集中し、負担が増大している状況などを考慮したもの。検査は「ドライブスルー方式」を採用し、平日の午後1時半~4時半、町田市民を対象に実施する。

 センターは、感染拡大の防止で休館しているサン町田旭体育館の地下駐車場に設置。市医師会が派遣する医師が、車の窓越しに綿棒を使って、患者の鼻から検体を採取する。検体は民間の検査機関に送られ、結果は翌日に判明するという。

 市保健所によると、発熱や風邪の症状でかかりつけ医を受診し、PCR検査が必要と判断された場合は、センターを予約。患者は自家用車などで移動して検査を受け、陽性となった場合は、保健所が適切な対応にあたるという。

 検査に要する時間は1人3分ほどで、1日あたり30件以上の検査ができる見込み。今月24日には試験的に検査を実施。作業に問題がないことを確認したという。

 この日は町田市役所で開設に関する覚書の締結式も行われ、石阪丈一市長と市医師会の林泉彦もとひこ会長が出席。

 石阪市長は「地域医療を安定供給するための大きなポイント」とあいさつ。同体育館の周囲には住宅もあるが、林会長は「車に乗った人が通り過ぎるだけで、人通りのあるところに出かけるよりもはるかに安全。感染のリスクを恐れる必要は全くない」と説明した。

 市保健所によると、PCR検査に特化した拠点を設けるのは多摩地域で初めて。八王子市は5月の大型連休明けにも、PCR検査を行う仮設診療所を設置すると発表している。

無断転載・複製を禁じます
1191089 0 社会 2020/04/28 11:47:00 2020/04/28 11:47:00 2020/04/28 11:47:00 ドライブスルー方式でPCR検査にあたる「地域外来・検査センター」のイメージ(サン町田旭体育館で、町田市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200428-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ