読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

公園遊具に「立入禁止」グルグル巻きテープ、母親「手洗いちゃんとやらせているけど…残念」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

感染防止のため、「立入禁止」のテープが張り巡らされた遊具(27日、府中市の住吉町第三公園で)=北條豊撮影
感染防止のため、「立入禁止」のテープが張り巡らされた遊具(27日、府中市の住吉町第三公園で)=北條豊撮影

 新型コロナウイルス感染防止のため、東京都府中市は市内32公園にある複合型遊具33基を、27日から5月31日まで使用禁止とすることを決めた。この日は、遊具に次々と「立入禁止」のテープなどが張り巡らされた。

 同市内では26日現在、多摩地域の市町村で最も多い46人の感染者が確認されている。市では防災無線で連日、不要不急の外出を自粛するよう呼びかけているほか、29日と5月3~5日は京王線府中駅前の繁華街などに広報車を出し、人の密集などを避けるよう求めることにしている。

 この日、住吉町第三公園を子ども2人と一緒に訪れていた母親(35)は「子どもたちには手洗いなどをちゃんとやらせており、使えなくなるのは残念だけど、今は仕方ない」と話していた。

 稲城市も27日、利用者が多く、密集状態が生じているとして、市内4公園の6遊具について、5月6日まで使用禁止とした。

無断転載・複製を禁じます
1191050 0 社会 2020/04/28 11:19:00 2020/04/28 11:19:00 2020/04/28 11:19:00 感染防止のため、府中市でも複合型の遊具に「立入禁止」のテープがまかれた(27日、府中市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200428-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)