仕事で感染拡大地域に行き来する人の家族、愛媛県内の医療機関で診療拒否

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大地域に仕事で行き来する人の家族が、愛媛県内の医療機関で診療を拒否されたケースがあったとして、県医師会が約1100の医療機関に適切な医療を提供するよう求める文書を送った。県医師会は「いわれのない診療拒否は、職業差別や偏見につながりかねない」としている。

 県医師会によると、県から24日にあった情報提供を踏まえて各医療機関に文書を送付した。「重大な問題」とする一方、「具体的に、どういう診療拒否があったのかは把握していない」と説明している。情報提供した県医療対策課は「事実であればゆゆしきことなので連絡した」とし、具体的な内容は確認していないとしている。

 この問題について、中村知事は27日の記者会見で「医療従事者以外にも頑張っている人がたくさんいることに思いをはせてほしい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1191092 0 社会 2020/04/28 11:52:00 2020/04/28 11:52:00 2020/04/28 11:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ