【独自】学校「夏休み短縮」、自治体の半数超が検討…休校分の授業確保

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「連休明け再開」16自治体…読売調査

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国の小中高校が休校を余儀なくされるなか、全国121自治体の半数を超える63自治体が、「夏休み短縮」で学習の遅れを取り戻すことを検討していることが読売新聞の調査で明らかになった。学校再開については、緊急事態宣言の期限後の5月7日としたのは東北や九州を中心に16自治体、延長の有無などをみて判断するとしたのは25自治体だった。

 調査は、高校を所管する47都道府県、小中学校を所管する46道府県庁所在市、政令市、東京23区の計121自治体を対象に24~28日に尋ねた。

休校中に教室で自習する児童ら(24日、名古屋市北区で)=尾賀聡撮影
休校中に教室で自習する児童ら(24日、名古屋市北区で)=尾賀聡撮影

 休校で失われた授業時間の確保策(複数回答)については、「夏休み短縮」が最多の63自治体(52%)で、次いで、「修学旅行など学校行事の縮小」(59自治体、49%)、「土曜授業の実施・拡充」(34自治体、28%)だった。

 今年度は小学校で新たな学習指導要領が実施される。英語の教科化やプログラミング教育の実施などで、授業時間数は増加するなど児童の負担も増える。

 そうした影響もあり、小中学校を所管する74自治体では、「学校行事の縮小」と回答したのは39自治体で、その内訳は、「運動会(練習含む)」が最多の14自治体。「遠足・社会科見学」と「学芸会・合唱コンクール(練習含む)」も計24自治体あり、児童生徒の学校生活に欠かせない活動にも大きな影響が出る可能性が出ている。

 一方、緊急事態宣言の期限が5月6日で終わるのか、延長されるのかの見通しが立たないため、再開時期の判断は大きく分かれている。

 東京都は7、8日の休校を決め、週明けの11日以降については検討中とし、大阪府も6日までだった休校を10日まで延ばすことを決めた。

 再開時期を決めているのは約3割にあたる38自治体にとどまり、このうち、最多は7日で、岩手、栃木、島根県、盛岡市など16自治体。11日は静岡、愛媛県、山形市など9自治体、6月1日も茨城、愛知県、水戸、名古屋市など9自治体あった。

 休校期間の見通しが立たないため、大学受験にも大きな影響が出る可能性がある。大学入試センター試験に代わり、新たに始まる「大学入学共通テスト」などで、国や大学に「配慮を求める」としたのは、東京、群馬、石川、滋賀、島根、徳島、高知、福岡、熊本の9都県に上り、「分からない」は33道府県、「求めない」としたのは5県だった。

無断転載・複製を禁じます
1192932 0 社会 2020/04/29 05:00:00 2020/04/29 10:05:36 2020/04/29 10:05:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200429-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ