読売新聞オンライン

メニュー

マスクつけず会議出席、大阪の専門学校が「買えなかった」嘱託男性を懲戒処分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 マスクを着けずに会議に出席したことなどを巡り、大阪電子専門学校(大阪市天王寺区)を運営する学校法人木村学園(同)が、嘱託職員の男性(60)を出勤停止の懲戒処分にしていたことが28日、わかった。同校職員らの労働組合は「行きすぎた処分」として同日、法人側に団体交渉を申し入れ、来月には抗議文を提出する方針。

 組合などによると、男性は今月7日、新年度の授業内容を話し合う会議にマスクを着けずに出席。会議後、法人幹部に未着用の理由を聞かれ、「どこに行っても買えない」と返答したという。後日、男性は面談した幹部から「感染源になったらどうするんだ」などとただされ、顛末てんまつ書を提出して説明しようとしたが、「受け取れない」と言われ、4日間(5月12~15日)の出勤停止の懲戒処分を受けた。

 法人側は取材に「学園内のことであり、お答えできない」としている。

無断転載・複製を禁じます
1193406 0 社会 2020/04/29 05:00:00 2020/04/29 21:31:26 2020/04/29 21:31:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)