緊急事態宣言「47都道府県で延長を」…全国知事会、政府に求める方針決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国知事会(会長=飯泉嘉門・徳島県知事)は29日にテレビ会議を開き、5月6日が期限の緊急事態宣言について、全都道府県で延長するよう政府に求める方針を決めた。ただ、全国一律とすることには慎重な意見もあり、文言を調整したうえで、近く緊急提言として提出する。

 提言案は、宣言を一部地域で解除すれば新たな人の動きが生まれるとして、「全都道府県を対象地域として継続することを基本」としていた。京都府の西脇隆俊知事は「都道府県域をまたいだ人の移動制限の実効性を担保するため、全都道府県とすることに賛成する」と述べた。

 これに対し、反対意見もあり、佐賀県の山口祥義知事は「地域は疲弊しており、大型連休でめどをつけたいという強い気持ちでやっている。今の段階で宣言の継続を求めることには違和感を感じる」と述べた。欠席した愛媛県の中村時広知事は意見書を提出し、「国が判断すべきで、地方から全国一律での延長を求めるべきではない」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
1193996 0 社会 2020/04/29 21:57:00 2020/04/29 21:57:00 2020/04/29 21:57:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ