「わさお」立ち上がれず、高齢原因か…関係者「見守って」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国的な知名度を誇る青森県鰺ヶ沢町の秋田犬「わさお」の後ろ脚が弱り、4月に入って立ち上がれない状態が続いている。高齢による衰えが原因とみられ、関係者は「来店や問い合わせを避け、見守ってほしい」と話している。

後ろ脚が弱り、店内で静養するわさおと工藤さん(青森県鰺ヶ沢町で)
後ろ脚が弱り、店内で静養するわさおと工藤さん(青森県鰺ヶ沢町で)

 広報担当・工藤健さん(52)によると、わさおはこの2年ほど散歩の距離が短くなり、ゆっくり歩くようになっていた。今月に入り、後ろ脚に力が入らず、立ち上がれなくなったという。

 これまで、わさおは春先~秋口は店外の小屋にいたが、現在は店員が目配りできる店の中で過ごしている。

 わさおは推定13歳で、人間では90歳前後に相当する。食べるえさの量は以前と変わらないという。

 飼い主の菊谷忠光さん(55)は「わさおの面倒はこれからもしっかり見ていく。心配かもしれないが、温かく見守ってほしい」と話している。

無断転載禁止
1194707 0 社会 2020/04/30 10:13:00 2020/04/30 10:13:00 2020/04/30 10:13:00 後ろ脚が弱り、店内で静養するわさおと工藤さん(25日午前11時33分、鰺ヶ沢町で)=黒羽泰典撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200430-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ