コロナと大雨など「複合災害」への備えを…避難所の「3密」回避、学会が緊急提言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象学や災害医学など防災に関連した58学会で作る「防災学術連携体」(事務局・東京)が1日、新型コロナウイルスの感染拡大と、大雨などの自然災害が重なる「複合災害」への備えを促す緊急提言を発表した。

 5月の大型連休後、日本列島は沖縄から順に梅雨入りする。提言では、住民と自治体に、水害時などの避難所で密閉、密集、密接の「3密」状態を避け、ウイルスの集団感染を防ぐための手立てを示した。

 具体的には、被災者同士が接触しないよう、ついたてを設置したり、感染者を隔離する別の建物を用意したりするなどの工夫を求めた。事前に親戚や知人宅などを避難先として確保することも提案した。

 梅雨明け後の猛暑対策も盛り込んだ。熱中症で基礎体力が落ちると重症化の危険性が高まる。扇風機や空調を用意するよう促した。

 連携体代表幹事の米田雅子・慶応大特任教授(土木・建築学)は「複合災害が生じると被災者と感染者の両方への対応で医療崩壊が生じかねない。それだけは避けたい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1199154 0 社会 2020/05/02 01:07:00 2020/05/02 01:07:00 2020/05/02 01:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ