「警察に捕まるわけではない」「趣味奪われたらストレス」…70代母親連れたパチンコ客も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県が休業指示を出した神戸市のパチンコ店。この日も開店前から多くの客が並んでいた(神戸市灘区で)
県が休業指示を出した神戸市のパチンコ店。この日も開店前から多くの客が並んでいた(神戸市灘区で)

 兵庫県が神戸市のパチンコ店3店舗に対し、全国初となる「休業指示」を出した1日、3店舗は朝から通常通り営業を始めた。「店が開いている限りは、やめられない」「趣味を奪われたらストレスがたまる」。そんな客でにぎわう店を、住民らは苦い表情で見つめた。

 灘区の国道沿いにある「フェニックス摩耶店」では午前9時前から客が並び始め、10時に開店すると、入場整理券を手にした約70人が店に流れ込んだ。

 「行きつけのパチンコ店が閉まってから、ずっとこの店」と言うのは、神戸市の男性会社員(35)。「どこに行っても感染の危険性は一緒。昼間のスーパーや商店街も混んでいるでしょ」と気にしていない様子だ。

 同じ灘区の「フェニックス新在家」では、店の立体駐車場に「なにわ」「奈良」「和歌山」など他府県ナンバーの車が続々と吸い込まれ、午前10時の開店と同時に約50人が入店した。

 大阪府池田市の会社員男性(50)は、自宅近くの店が休業したため、2日続けて70歳代の母親を連れて来たという。「休業が続くと趣味が奪われ、ストレスがたまる。どの店も休業したら諦めがつき金を使うこともなくなるから、それも良いかな」と心境を明かした。

 長田区の「フェニックス長田店」でも開店と同時に約50人が入っていった。客の中には別のパチンコ店で働いているという男性(30)も。「職場が休みになり、退屈しのぎで来た。パチンコをしても警察に捕まるわけではない。後ろめたい気持ちも少しはあるが、店が開いている限りはやめられない」と語った。

 店の混雑を、住民らは不安を抱いて見ていた。

 摩耶店の近くで飲食店を営む男性(70)は「パチンコ店名が公表されてから、混み出した。うちの店は営業を自粛しているけど、パチンコ店内で感染が広がったら責任を持てるのだろうか。自粛する店、しない店の差が激しい」と苦い表情。

 子連れで散歩していた女性(35)は「店名が公表された後も営業を続ける店にも、パチンコをしにくる客にも驚く。多くの人が集まる場所が近所にあることに怖さを感じる」と眉をひそめた。

無断転載禁止
1199776 0 社会 2020/05/02 12:57:00 2020/05/02 12:57:00 2020/05/02 12:57:00 開店と同時に店内に入る客(午前10時3分、神戸市灘区のフェニックス新在家で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200502-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ