鳥取城北高の寮生79人がノロウイルス食中毒…食堂の食事原因、全員軽症

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥取市保健所は6日、鳥取城北高校の食堂(鳥取市)でノロウイルスによる集団食中毒が発生したと発表した。食事した1~3年生79人が下痢や嘔吐おうとなどの症状を訴えたが、全員軽症で快方に向かっているという。

 発表によると、食堂はNPO法人「フェリース」が運営しており、寮で生活する生徒163人が利用している。同市保健所は食堂の食事が原因の食中毒と断定し、6日から5日間の営業停止処分とした。

無断転載・複製を禁じます
1205221 0 社会 2020/05/06 19:23:00 2020/05/06 22:57:00 2020/05/06 22:57:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ