東京のPCR検査「陽性率」、7日間平均で7・5%…都が初めて公表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は8日、新型コロナウイルスのPCR検査で検査数に占める感染者の割合を示す「陽性率」を初めて公表した。日によって検査件数が大きく変動するため、1日ごとに直近7日間の平均値を示しており、今月7日までの7日間の平均は7・5%だった。4月中旬に31・6%でピークに達して以降は下落傾向が続いている。

 データには民間の医療機関が独自に実施した検査分がほとんど含まれていないため、都が実施した検査を中心に一部を分析した形だが、都は「一定の傾向を把握することはできる」としている。

 陽性率は、検査件数によって変動する感染者の実数よりも、地域の感染状況を測る目安になるとされる。都は今回、PCR検査が始まった1月下旬以降のデータを分析。2月中旬に10%を突破後、3月下旬には20%を超え、4月中旬に31・6%と最も高くなった。4月17日には1日当たりの感染者が201人に達していた。大阪府では、7日間にわたって7%未満となることなどを休業要請解除の条件としており、大阪府の8日時点の7日間平均は2・7%だった。

無断転載・複製を禁じます
1209256 0 社会 2020/05/08 22:03:00 2020/05/08 22:22:37 2020/05/08 22:22:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ