赤・黄・緑…「大阪モデル」達成度、太陽の塔のライトアップ色で表示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大阪府が休業や外出自粛の要請を解除する基準として独自に設定した「大阪モデル」の運用が8日、始まった。府は、感染の広がりを表す「陽性率」などの3指標が、14日まで7日連続で一定の条件を達成すれば15日に段階的に解除を決める方針。初日は全てで条件を満たした。

 要請解除へ向けた基準は、〈1〉感染経路が不明な新規感染者数が10人未満(直近7日間の平均)〈2〉PCR検査件数に対する感染者数の割合を示す「陽性率」が7%未満(同)〈3〉重症患者の病床使用率が60%未満――の3条件が7日連続で満たされること。初日の8日は、〈1〉が3・71人、〈2〉2・7%、〈3〉30・9%だった。

 府はホームページで達成状況を公表するほか、11日からは万博記念公園の太陽の塔(大阪府吹田市)と通天閣(大阪市浪速区)を状況に応じてライトアップすることも決めた。

試験点灯で赤く照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影
試験点灯で赤く照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影

 3条件を満たした日は「黄」、達成しなかった日は「赤」とする。7日連続で達成し、基準に達した翌日からは「緑」に変え、要請が解除されている間は緑で照らす。

試験点灯で黄色に照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影
試験点灯で黄色に照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影

 府は、感染経路不明者数(直近1週間の平均)を前の週と比較し、増加率が1以上になるなどした場合に、再び休業や外出要請を行う方針を示している。ライトアップの色は、増加率が1以上となり、〈1〉と〈2〉も満たさなかった場合は緑から赤へ、それ以外は黄色に戻す。

試験点灯で緑色に照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影
試験点灯で緑色に照らされる太陽の塔(8日夜、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影

 また、府のコールセンターに、休業要請の対象であるパチンコ店やバー、ナイトクラブなどが営業しているとの連絡が相次いでいることもわかった。

 休業要請を延長した7日は113件にのぼり、そのうち約40%の49件はパチンコ店に関するもので、24件は、営業時間の短縮要請が出ている飲食店が「夜中まで営業している」といった連絡だった。府は要請を続ける方針で、吉村洋文知事は8日、記者団に「これらの施設には行かないようお願いしたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1209807 0 社会 2020/05/09 07:52:00 2020/05/09 07:52:00 2020/05/09 07:52:00 試験点灯で緑色に照らされる太陽の塔(8日午後8時6分、大阪府吹田市の万博記念公園で)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200509-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ