仮釈放中の男、保護観察所から逃走…「捜索優先」発表は10時間後

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京保護観察所は9日、東京都千代田区の同観察所に連行した仮釈放中の男が、8日午後3時頃、逃走したと発表した。男は、仮釈放の順守事項に違反して所在不明となったため、刑務所に再収容される可能性があった。

 発表によると、逃走したのは、元服役囚の男(34)。窃盗罪で懲役1年2月の判決を受けて服役後、1月22日に仮釈放された。2月16日までが保護観察期間だったが、行方が分からなくなり、同月5日に保護観察を停止した。

 今月8日、元服役囚の所在が判明したため連行し、同観察所内の面接室で事情を聞いていたが、職員が部屋から出た隙に逃走した。当時、面接室にいたのは元服役囚だけで、施錠はされていなかった。

 元服役囚は、身長約1メートル71、やせ形で長髪、横じまのスエット姿だった。裁判所から令状の発付を受け、同観察所が捜索している。

 逃走が発表されたのは、発生から10時間以上たった9日午前1時半頃だった。同観察所の中臣裕之次長は、「捜索を優先しており、事実関係の調査に時間がかかった。多大な不安とご迷惑をおかけし、おわびする」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1210077 0 社会 2020/05/09 14:11:00 2020/05/09 14:11:00 2020/05/09 14:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ