東京・御蔵島で村会議長感染…都内島嶼部で初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都御蔵島(みくらじま)村は9日、同村議会の広瀬鹿雄議長(78)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。都内の島嶼とうしょ部での感染者は初めて。

 同村によると、広瀬議長は入院中だった妻の退院手続きのため3月31日から4月15日まで、島外に滞在していた。広瀬議長は5月7日に呼吸困難になり、発熱と肺炎が確認されたため、同日にヘリで23区内の病院に搬送された。村内では広瀬久雄村長(72)ら6人が濃厚接触の疑いがあり、自宅待機しているという。

無断転載・複製を禁じます
1210362 0 社会 2020/05/09 20:30:00 2020/05/09 21:11:00 2020/05/09 21:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ