都の感染者数集計で報告漏れ、保健所から計111人分…重複計上も35人分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は11日、過去の新型コロナウイルス感染者数の集計で、保健所から計111人分の報告漏れがあったと発表した。これとは別に35人分が重複して計上されていた。11日の累計感染者数は4883人だったが、報告漏れから重複を引いた76人が上乗せされ、4959人となった。

 都内では、各区市町村で確認された感染者数を管轄の保健所が集約して都に報告しているが、都が調べたところ、約20の保健所で感染者の報告漏れや重複計上が相次いで判明したという。

 都によると、ミスが見つかったのは都内で感染者が増え始めた3月下旬以降で、都は保健所の業務負担が過大になったことに加え、端末に入力したものを改めて手で書き写して報告するなど煩雑な事務作業も一因だったとみている。

 このため都は、感染者の情報を一括して管理する「データセンター」を新たに都庁内に設置し、12日から運用を始める。これまでは各保健所がファクスで都に送信していた感染者の情報を、今後は端末で入力すれば、都側もオンラインで共有できるようになるという。

無断転載禁止
1214103 0 社会 2020/05/11 20:52:00 2020/05/12 00:02:19 2020/05/12 00:02:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ